ブログ

旅館の現状と外国人客の取込みに向けて

前回の記事で、以下の点をお伝えしました。

  • 宿泊施設全体の客室稼働率はここ数年上昇を続けている
  • 稼働率上昇の大きな理由は外国人客の増加である
  • ホテルに比べ、旅館の稼働率は圧倒的に低い

今回は、旅館の現状にフォーカスを当てて見ていきます。

毎年1,000〜2,000施設が廃業

総務省統計局のデーターによれば、16年3月末時点で全国に40,661軒の旅館が存在しています。

結構たくさんあるものですね。

では、これまでの旅館数の増減の推移を見てみましょう。

%e5%9b%b31

実は、旅館の数は1982年から減少を続けています。

36年前(1981年)の83,226軒をピークに、現在はその半分以下になってしまいました。

毎年1,000〜2,000軒の旅館が廃業しています。

一方、次のグラフはホテルの数を示したものです。

%e5%9b%b32

旅館とは対照的に増加を続け、16年には過去最高の9,967軒となりました。

旅館とホテルの部屋数

軒数だけを見ると、16年でも旅館4万軒に対してホテルが1万軒なので、まだまだ旅館の方が圧倒的に多い状況です。

しかし、軒数ではなく、供給している客室数で見ると全く違う景色が見えます。

%e5%9b%b33

実は、ホテルの方が1軒あたりの客室数が多く、合計の客室数ではすでに旅館を上回っています。

この数字は2010年に逆転しました。

直近では旅館の客室数が70万室なのに対し、ホテルは85万室です。

ホテルは客室数が増加しながらも稼働率が堅調に上昇する一方、旅館では客室数が減少しても稼働率が微増にとどまっている。

これが宿泊業界の現状です。

旅館のインバウンド取込みの苦戦

「近年の宿泊業界の活況は、外国人観光客の影響が大きい」ということは前回の記事でご説明しました。

しかし、旅館の稼働率はあまり上昇しておらず、軒数の減少にも歯止めがかかっていません。

インバウンドの恩恵という点では、旅館はホテルに大きく遅れをとっているようですが、これはなぜでしょうか?

その理由について、弊社が今持っている「仮説」を列挙していきます。
 

①旅館としての認知度の不足

  • 旅館という宿泊施設が存在することを知られていない
  • 旅館とホテルの違いが認識されていない
  • 旅館の魅力が伝わっていない

②予約経路の不足

  • 旅館の自社HPが多言語対応しておらず、日本語でしか予約できない
  • 海外の宿泊予約サイトに出稿していない

③外国語対応の遅れ

  • 外国語対応の遅れから、外国人客の満足度が上がらず、体験がシェアされない

④ニーズの不一致

  • 布団ではなく、ベッドで寝たい
  • 食事付きのプランは求めていない

 
以上、旅館の現状と弊社が考える課題についてご説明しました。

課題の部分はまだ仮説ですので、これから検証し、旅館の復活に貢献していきたいと考えています。

関連記事

飲食店のヘルシーメニュー開発

A group of friends eating at a restaurant
大豆ミートを使った低カロリー・低脂質・高タンパクなヘルシーメニューで、新規のお客さんを呼び込みせんか?
詳細はこちらから。

旅館・ホテルのベジタリアン対応

veg_ogp
外国人客を呼び込み、客室稼働率を上げたい。料理にもっと特徴を出して、他の宿泊施設と差別化したい。
こうした希望を持つ旅館・ホテルの皆様に、フレンバシーではベジタリアン対応をお勧めしています。
今後さらに拡大する民泊に対し、「食事」は差別化の切り札となります。詳細はこちらから。