ブログ

日本あんしん生活協会のセミナーに登壇

7月21日に開催された一般社団法人日本あんしん生活協会のセミナーに、CTOの高見沢と、Vegewelプロデューサーの千葉が登壇しました。

【講演タイトル】
健康・環境・インバウンド対応の為のベジ食の普及とその必要性 ~食のバリアフリー化を目指す~

【講演内容】
昨今、ベジタリアン、マクロビオティック、グルテンフリーなどを嗜好する方、また外国人観光客が毎年増加しています。

しかし、まだまだメニュー対応している飲食店は少なく、外食が難しいのが現状です。

レストランガイド「ベジウェル」は、食制限に対応できる飲食店を1つでも増やし、食制限のある人とない人が一緒に外食を楽しめるようになってもらいたい、美味しい野菜を中心としたヘルシーなライフスタイルを送ってもらいたい、という想いから情報を発信しています。

「ベジウェル」の取り組みを参考に、東京オリンピックに向けてますます多様化する「食」と「インバウンド」について一緒に考えていきませんか?

ご自身や家族の健康はもちろん、今後の日本について、さらには世界的な環境問題について考えるきっかけになると思います。

関連記事

飲食店のヘルシーメニュー開発

A group of friends eating at a restaurant
大豆ミートを使った低カロリー・低脂質・高タンパクなヘルシーメニューで、新規のお客さんを呼び込みせんか?
詳細はこちらから。

旅館・ホテルのベジタリアン対応

veg_ogp
外国人客を呼び込み、客室稼働率を上げたい。料理にもっと特徴を出して、他の宿泊施設と差別化したい。
こうした希望を持つ旅館・ホテルの皆様に、フレンバシーではベジタリアン対応をお勧めしています。
今後さらに拡大する民泊に対し、「食事」は差別化の切り札となります。詳細はこちらから。