プレスリリース

注目のベジ対応ヘルシーメニュー、飲食店・宿泊施設のレシピ開発をスタート

  • 2017.1.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社フレンバシー(東京都渋谷区、代表 播太樹)は、飲食店・ホテル・旅館に対し、ベジタリアン対応のヘルシーメニューを開発するサービスをスタートしました。

ただ野菜を使うだけでなく、大豆ミートを活用した食べ応えのあるレシピが特徴です。より多くの企業にヘルシーメニュー導入の集客効果を実感頂くため、先着10社限定でメニュー開発を5,000円(税抜)でご提供します。

飲食店にとってのヘルシーメニュー(ベジ対応)

日本でこれまでにないほど健康志向が高まる中、「ヘルシーな食事」への需要が高まっています。飲食店がベジタリアン対応のヘルシーメニューを取り入れれば、既存のお客様に喜んでもらえるのみならず、新しいお客様を呼び込むきっかけにもなります。

ただし、ヘルシーと言っても、野菜だけを食べ続けるのは飽きてしまいますし、がっつり・こってり食べたい時もあるはずです。そこで、フレンバシーが注目しているのが「大豆ミート」です。大豆ミートは、大豆を中心とする植物性のタンパク質を使って、お肉の食感を再現した食品です。

見た目も食感もまるでお肉のようで食べ応えがあるのですが、次の嬉しい特徴があります。
①低カロリー、②低脂質、③高タンパク、④食物繊維豊富、⑤コレステロールゼロ

IMG_4154

丸ごとチキン風

IMG_4157

ミートボール風

唐揚げ風

唐揚げ風

このような特徴を持つ大豆ミートを使ったヘルシーメニューは、特に次のようなお客様に好評です。

  • カロリーを抑えたランチを楽しみたいが、もうサラダには飽きてしまった女性
  • とんかつ大好き、まだまだ食欲は衰えないが、コレステロールや脂肪の取りすぎに気を使っているシニア
  • ベジタリアンでお肉を食べられない外国人

ホテル・旅館にとってのヘルシーメニュー(ベジ対応)

以下の希望を持つホテル・旅館に、フレンバシーではヘルシーメニュー導入をお勧めしています。

  • 今話題の外国人観光客(インバウンド)を呼び込み、客室稼働率を上げたい。
  • 自慢の料理にもっと特徴を出して、他の宿泊施設と差別化したい。

外国人観光客の中には、動物性の食材を口にしないベジタリアンやヴィーガンが多数存在しています。しかし、そういった食習慣にしっかりと対応出来る宿泊施設はまだほとんどありません。

他施設に先駆けてベジタリアン対応に取組むことで、世界中のお客様に満足して頂ける体制を整えることができます。また、今後拡大する民泊に対し、「食事」は差別化の切り札となります。

飲食店と同様に、大豆ミートを使用した食べ応えのあるメニューがオススメです。

フレンバシーのサービス

大豆ミートを使っておいしい料理を作るためには、ちょっとしたコツが必要です。フレンバシーでは、レシピ開発から調理方法の指導まで、ヘルシーメニューの導入を一貫してサポートします。必要な食材の供給もお任せください。

■価格
ヘルシーメニュー開発(3品まで)・調理方法指導 15,000円(税抜)

VegewelとのPR連携

メニュー開発だけでなく、集客・PRをお手伝いできるのがフレンバシーの強みです。自社の媒体を活用し、導入したヘルシーメニューをお客様にアピールします。

  • ベジタリアン向け多言語レストラン検索サイト”Vegewel“への掲載
  • 日本のヘルシーで健康な「食」を発信するWebマガジン”Vegewel Style“での特集記事作成

■価格
1店舗につき月額4,980円(無料お試し期間あり)

新規サービス開始キャンペーン

より多くの飲食店・ホテル・旅館にヘルシーメニュー導入の集客効果を実感頂くため、先着10社限定でメニュー開発を5,000円(税抜)でご提供します。

下記のフォームよりお申し込みください。

申込・問い合わせ

お名前 (必須)

会社・店舗名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

ホームページURL(食べログやぐるなびも可)

メッセージ・ご質問など

飲食店のヘルシーメニュー開発

A group of friends eating at a restaurant
大豆ミートを使った低カロリー・低脂質・高タンパクなヘルシーメニューで、新規のお客さんを呼び込みせんか?
詳細はこちらから。

旅館・ホテルのベジタリアン対応

veg_ogp
外国人客を呼び込み、客室稼働率を上げたい。料理にもっと特徴を出して、他の宿泊施設と差別化したい。
こうした希望を持つ旅館・ホテルの皆様に、フレンバシーではベジタリアン対応をお勧めしています。
今後さらに拡大する民泊に対し、「食事」は差別化の切り札となります。詳細はこちらから。