News

「食のバリアフリー」カンファレンスを開催

1月15日(月)に「食のバリアフリー」カンファレンス vol.1 by Vegewel〜食品メーカーが取り組むべき植物性商品とグルテンフリー商品〜を開催しました。

本イベントは、世界的に注目されている植物性商品とグルテンフリー商品について、日本国内の市場を活性化すべく、開発の知見を共有する場として設けたものです。

詳細:http://frembassy.jp/news-post/conference/

当日は大手食品メーカーのご担当者を中心に約60名にご参加いただき、満員御礼の盛況となりました。

キリン株式会社

最初の登壇者は、キリン株式会社 ブランド戦略部・キリン食生活文化研究所 シニア・フェローの太田恵理子様。

現在の日本の食のトレンドと、消費者の傾向についてお話いただきました。

不二製油グループ本社株式会社

二番目の登壇者は、不二製油グループ本社株式会社 マーケティンググループ 海外事業開発担当部長の稲塚洋一朗様。

植物性商品の世界市場と、同社が開発する植物性豆乳チーズの今後の展開についてお話いただきました。

株式会社波里

三番目の登壇者は、株式会社波里 営業本部 営業推進担当部長の岡田正剛様。

グルテンフリーの代名詞とも言える米粉の国内市場や、米粉の特性についてお話いただきました。

株式会社フレンバシー(Vegewel)

最後の登壇者は、本イベントを主催した株式会社フレンバシー代表の播。

「食のバリアフリー」を実現するためのプラットフォームVegewelと、その運営の中で見えてきた健康志向の市場についてお話しました。

 

会場では不二製油様の豆乳チーズや、波里様の米粉を使ったシフォンケーキなどを試食としてご提供しました。

各社の発表のあとはネットワーキングの時間を設け、登壇者や参加同士で交流していただきました。

 

「食のバリアフリー」の実現を目指すフレンバシーでは、今後もこのようなイベントを企画していきます。

次回の「食のバリアフリー」カンファレンスは3月6日(火)19:00、テーマは「ハラールとベジタリアン」を予定しています。

2月上旬に受付を開始する予定です。受付開始時にご連絡を希望される方は、以下のフォームにメールアドレスをご記入ください。
https://goo.gl/forms/YcJ4lvLMsi6nZdzC2