News

日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査 by Vegewel

概要

株式会社フレンバシー及び運営サービスVegewelは、『日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査』を実施しました。

自身が取り組んでいる食生活について訪ねたところ、ベジタリアンもしくはビーガンは全体の4.5%となりました。

また、週に1回以上、意識的に動物性食品を減らす食生活を送る「ゆるベジ(ゆるベジタリアン)」は全体の12.5%に達しました。

調査について

【調査名】日本のベジタリアン・ビーガン・ゆるベジ人口調査 by Vegewel
【調査方法】Webアンケート調査(2017年12月)
【調査人数】2407人
【性別】男性1202人、女性1205人
【年齢】20代481人、30代484人、40代480人、50代481人、60代以上481人

調査結果

 

「ご自身が取り組んでいる食生活はありますか?」との質問に対し、ベジタリアンが3.8%、ビーガンが1.0%、グルテンフリーが2.0%、低糖質・糖質制限が12.5%、無添加・オーガニックが6.8%、マクロビオティックが1.4%、ローフードが2.1%、ファスティングが1.7%となりました。

フレンバシーでは、本調査でベジタリアンもしくはビーガンと回答した人の割合を「日本のベジタリアン率」と定義します。

ベジタリアン3.8%とビーガン1.0%の合計4.8%から、両方に重複して回答した割合0.3%を差し引き、日本のベジタリアン率は4.5%となりました。

 

 

「意識して肉や魚など、動物性食品を減らすことはありますか?」との質問に対し、16%が「ある」と回答しました。

 

 

さらに、「ある」と回答した人に対し、その頻度を伺いました。

動物性食品を減らす頻度について、毎日が20%、3日に1日が32%、週に1日が26%、月に1日が9%となりました。

フレンバシーでは、週に一日以上、意識的に動物性食品を減らす食生活を送る人を「ゆるベジ(ゆるベジタリアン)」と定義します。

このゆるベジが全体に占める割合は、意識的に動物性食品を減らす人16%×(20%+32%+26%)=12.5%となります。

なお、ゆるベジのことを欧米では「フレキシタリアン」とも呼び、ライフスタイルとして広く受け入れられています。

お問い合わせ

本調査に関するお問い合わせは、以下のページよりご連絡ください。
http://frembassy.jp/contact/

イベント告知

2018年1月15日、「食のバリアフリーカンファレンス vol.1 by Vegewel〜食品メーカーが取り組むべき植物性商品とグルテンフリー商品〜」を開催します。

健康志向の高まりなどを背景として、世界的に注目が集まっている植物性商品とグルテンフリー商品。

これらの国内市場を活性化すべく、国内食品メーカーや外食関係者を集め、これからの対応について協議します。今回は、高品質の植物性豆乳チーズなどを武器に世界市場に切り込む不二製油グループ本社、米粉を中心としたグルテンフリー商品を積極的に展開する株式会社波里など、業界をリードする食品メーカーが登壇、市場の最新情報を共有して頂きます。

詳細とお申し込みは以下のページから。
http://frembassy.jp/news-post/conference/