飲食店のベジ対応・集客・メニュー開発

ベジタリアン対応は売上を上げるための経営判断

日本人の4.7%、20人に1人がベジタリアンだと言われています。
月間1,000人のお客様が来店する飲食店の場合、そのうち約50人はベジタリアンということです。

ベジタリアン対応できる飲食店は非常に少ないため、貴店がベジタリアン料理を提供すれば、高確率でこの50人はリピーターになってもらえます。

逆に、ベジタリアン料理を提供できなければ、この50人がリピーターになることは絶対にありません。

客単価が3,000円であれば、3,000円×50人=15万円/月の売り逃がしです。
ちょっとした手間でこの売り逃がしを予防できるのであれば、ベジタリアン対応に取り組んでみる価値はあると思いませんか?

さらに、最近話題の訪日外国人(インバウンド)には日本人以上にベジタリアンが多いことを考えると、レストランがベジタリアン対応メニューを用意することはもはや必須と言えるかもしれません。

私たちは、売上を上げるための施策としてベジタリアン対応をお勧めしています。

(旅館向けのベジタリアン対応サポートはこちら

ベジウェル掲載プラン

すでにベジタリアン対応メニューを用意している店舗向けのプランです。

これからベジタリアン対応メニューに取り組みたい店舗は、下記の「ベジメニュー新規導入サポート」も合わせてご利用ください。

【サービス内容】
ベジタリアン向け多言語レストラン情報サイトVegewel(ベジウェル)への掲載

ベジメニュー新規導入サポート

ベジタリアン向けメニューを初めて導入したい店舗向けのオプションプランです。

お店にベジタリアンを迎える上で知っておくべき知識をお伝えするほか、貴店の既存メニューや食材に合わせたオリジナルのベジタリアンレシピを3品まで開発します。

【価格】
15,000円

ベジフードアドバイザー

貴店のオリジナルメニュー開発は、ベジフードの専門家である千葉が担当します。

person
千葉 芽弓(ちば みゆみ)
KIJマクロビオテックアドバイザー兼フードコーディネーター。
マクロビオティックやヨガを通じて培った経験と、自らの体調不良克服を通じて「食と健康」にフォーカスし、動物性材料を使わず身体にやさしいベジ料理の提供を行う。

個人HP
http://vegemiyu.sunnyday.jp/

申込・問い合わせ

お名前 (必須)

会社・店舗名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

ホームページURL(食べログやぐるなびも可)

メッセージ・ご質問など

飲食店のヘルシーメニュー開発

A group of friends eating at a restaurant
大豆ミートを使った低カロリー・低脂質・高タンパクなヘルシーメニューで、新規のお客さんを呼び込みせんか?
詳細はこちらから。

旅館・ホテルのベジタリアン対応

veg_ogp
外国人客を呼び込み、客室稼働率を上げたい。料理にもっと特徴を出して、他の宿泊施設と差別化したい。
こうした希望を持つ旅館・ホテルの皆様に、フレンバシーではベジタリアン対応をお勧めしています。
今後さらに拡大する民泊に対し、「食事」は差別化の切り札となります。詳細はこちらから。