創業にあたって

世界中に日本のファンを増やす

写真アメリカの大学に留学したとき、日本語を学ぶクラスのアシスタントをしていました。

受講者はフランス語や中国語などと比べて少なかったものの、ひらがなの読み方から一生懸命に学ぶ大学生をみて、すごく嬉しい気持ちになったことを覚えています。

旅行で日本を好きになった、アニメや音楽から日本に興味を持ったなど理由は様々ですが、彼らはみんな日本のファンでした。

僕はそういう人たちがもっと増えてくれたらと思っています。
そのためにフレンバシーを創業しました。

まずは旅行で来てくれる外国人が日本を存分に楽しめる環境を整え、いつかまた日本に戻ってきたいと思ってもらうためのサービスを展開します。

これから十数年をかけて、訪日外国人は1億人を超える可能性があります。
インバウンド観光が日本経済の要となります。
しかし、それには日本のファンを増やし続ける努力が不可欠です。

さらに、「訪日外国人1億人」の先には、日本が外国からの移住者を受け入れる時代が来ると考えています。

その時、弊社は事業の軸足をインバウンド観光から移し、移住者が日本社会で生活していくための「インフラ」となるサービスを展開したいと考えています。

外国出身の人が日本で生活しやすい環境を整え、本当の意味での日本の国際化に貢献します。

100年後、例えばメキシコ系アメリカ人と呼ばれる人がいるように、日本でも「○○系日本人」という言葉が当たり前となり、出自に関係なくこの土地で楽しく暮らせる社会にできればいいなと思います。

観光の分野でもその先の分野でも、フレンバシーは常に「日本で一番、外国人から頼りにされる企業」を目指し、日本のファンを増やし続けていきます。

代表取締役 播太樹

代表者経歴

播 太樹(Taiki Hari)
・大阪市出身
・お好み焼き屋の息子として幼少期を過ごす
・神戸大学国際文化学部卒
極真空手に打ち込む
米University of Georgiaへ留学し、広告学を学ぶ
バックパッカーとして単独で20ヶ国以上を訪問
・三井住友銀行入行
神戸で中小企業の融資、海外事業支援に携わる
・国際金融情報センター(JCIF)へ出向
エコノミストとして、欧州・北アフリカのカントリーリスク調査に携わる
・寄稿
「国際金融」誌 14年12月号 『ハンガリーが抱える外貨建て住宅ローン問題』
「国際金融」誌 14年6月号  『行き詰るモロッコの西サハラ問題』
・2015年より現職
・東京都「外国人旅行者受入に係るアドバイザー派遣」 アドバイザー

【登壇】
2017/1/31 eiicon meetup!! vol.1 社会課題解決ベンチャー特集
16422411_583261015213542_1619172962274467974_o
動画:【イベントライブラリ】社会課題と向き合うスタートアップの熱意のあるピッチの動画公開!!

2016/5/12 スタートアップCEOが語る「インバウンドビジネスのこれから」
IMG_2170

2016/3/21 第9回Japan Motivation Forum

2015/2/20 第6回大田区ビジネスプランコンテスト

飲食店のヘルシーメニュー開発

A group of friends eating at a restaurant
大豆ミートを使った低カロリー・低脂質・高タンパクなヘルシーメニューで、新規のお客さんを呼び込みせんか?
詳細はこちらから。

旅館・ホテルのベジタリアン対応

veg_ogp
外国人客を呼び込み、客室稼働率を上げたい。料理にもっと特徴を出して、他の宿泊施設と差別化したい。
こうした希望を持つ旅館・ホテルの皆様に、フレンバシーではベジタリアン対応をお勧めしています。
今後さらに拡大する民泊に対し、「食事」は差別化の切り札となります。詳細はこちらから。